HOME>トピックス>今の時代だからこそある終焉の場のスタイル

これからの時代の形

東京でお墓探しをしたいけど、お金の方がとても心配という方や夫婦二人で子供がいないし、親戚も疎遠になっているという方がいます。先々の事を考えると、不安になってしまいます。ですが、今の時代だからこそお墓のスタイルも大きく変わってきました。遠くの霊園よりも、近い場所で探す事が可能です。それが、納骨堂や樹木葬に合祀といったスタイルで先々も安心できるようになっています。

宗教問わず

今、お寺でも霊園でも多くあるのが宗派関係なくお墓に入れるというスタンスになっています。東京では、土地もない事から多くの人が納骨堂や合祀スタイルで埋葬を希望している方が増えています。土地だけでなく、宗派を問わないのであれば気軽にお願いもしやすいという背景もあります。

費用面を考える

東京のお墓は、土地がない事から狭いスペースでもうん百万円という高額な金額になります。費用面もかかりますが、管理費用も支払うとなればさらに負担も増える事でしょう。永代供養費用も入っているのであっても、始めの金額がとても払いきれるものではありません。だからこそ、支払い安い納骨堂や合祀に樹木葬が注目されています。

注目され続けるスタイル

東京でお墓を買うよりも、先々の事を考えたスタイルにする人が増えているのは、未来への負担軽減の為でもあります。納骨堂や合祀に樹木葬は、費用面も安いだけでなくきちんと供養も毎年してもらえます。合同供養ではありますが、毎年行う供養で故人も安らかに眠れます。

広告募集中